MENU
プロフィール背景画像
mitsuko
travel trader
旅とブタが好きな看護師。旅の資金はFXで稼いでます。
【FXの練習ができる】無料のデモトレードアプリはこちら!

【pipsを計算する!】FXにおける損益計算の方法とlot数の関係

この記事では

  • FXの「pips」ってなに?
  • 1lotで1pipsいくらになる?
  • 30pips 儲かったってどゆこと?
  • 損益の計算ってどうやるの?

という疑問について解説していきます。

pipsの計算方法がわからないと、リスクリワード比率や損益計算ができないので、適当なトレードになりがちです。そんなことをしていては、FXではまず勝てません。

ちなみに、私は自慢じゃありませんが算数が大の苦手です。笑

でも、そんな私でも簡単に計算できましたよヽ(o゚∀゚o)ノ

pips計算は算数ができればすぐにクリアできる部分ですので、安心してください!

ぶた博士

pips計算は算数ができればすぐにクリアできる部分ですので、安心してください!

pipsと同じくらいスプレッドの確認も大事です。スプレッドってなんぞや?という方はこちらの記事も参考にしてみてください▼

目次

pips(ピップス)とは?

初心者さん

チップスですよね!

ぶた博士

そうそう!ゴロゴロしながら食べるチップスはおいしい・・って違います!「ピップス」です!!

pips(ピップス)とは

為替レートが変動するときの最小単位のこと。世界にはいろんな通貨があるため、通貨が違っても共通して測れる単位が考えられた。

1pipsは通貨の1%です。日本円にすると0.01円に当たります。

pipsはpipの複数形で「percentage in point」(100分の1ポイント)または「price interest point」(価格の関心点)が略称であると言われています。

FXの損益計算をpipsでしなけらばいけない理由

自分がどのくらいの値幅をとれたのか、または損したのかは、必ずpipsで計算するようにしましょう。

よく、「5万勝った!」「10万負けた!」とSNSで見かけますが、なんの参考にもなりません。

なぜかというと、1lot=1万通貨の口座の場合、同じ50pipsとっただけでも資金のある人は1lotで取引して5万円稼げるし、資金の少ない人は0.1lotで取引するため5000円しか稼げないからです。

この場合、どちらがトレーダーとして優秀でしょうか?

稼いだ金額が違っても、どちらも稼いだのは50pipsですからトレードスキルは同じだと判断できますよね。

SNSでの「5万勝った!」「10万勝った!」というのはただのパフォーマンスです。惑わされないようにしましょう。

稼いだ額ではなく、何pipsとったのか計算しなければ自分がスキルアップしているのかわかりません。

pipsの計算方法

クロス円、ドルストレートでpipsの計算方法はちがう

はじめに、どの通貨を基準にするかで、1pipsの値幅は違ってきます。(クロス円ドルストレートかで、1pipsの値幅が変わります。)

ドル円(クロス円)
0.01円=1銭=1pips(小数点第2位)


ユーロドル(ドルストレートの通貨)
0.0001ドル=0.01セント=1pips(小数点第4位)

小数点の位置を間違えて計算すると大変なことになるので、ここはしっかり覚えましょう!


初心者さん

うーん、小数点第2、第4位の位置ってどこだっけ?

ぶた博士

では、実際に例を挙げて説明します。クロス円(ドル円、ユーロ円、豪ドル円、ポンド円など)の時は、小数点第2位に注目してください。

ぶた博士

では次にドルストレート(ユーロドル、豪ドルドル、ポンドドルなど)です。小数点第4位に注目してください!

初心者さん

なるほど!イメージがつきました!

初心者さん

クロス円の時は小数点第2位、ドルストレートの時は小数点第4位が1pipsになるってことだけ覚えよう!

lot数が変われば同じpipsでも利益が変わる

lot数が違えば、同じ10pipsとっても利益は変わります。

そのため、lot(取引通貨量)とpipsの関係を理解しておきましょう。以下の表は、米ドル円のそれぞれのlotでの利益を表したものです。

スクロールできます
通貨量(lot)1pips=0.01円=1銭10pips=0.1円=10銭100pips=1円=100銭
1lot=1万通貨100円1,000円1万円
10lot=10万通貨1,000円1万円10万円
100lot=100万通貨1万円10万円100万円
※米ドル円が100円、1lot=1万通貨の場合

lot数から1pipsいくらになるのか計算する

損益計算の公式は以下の通り。

通貨量(Lot)× pips = 損益

ぶた博士

FXにはレバレッジがあるので、1lotまたは100lotで取引するのかによって、同じpipsでも利益が変わってきますよ。

公式にあてはめて説明します。

1lot(1万通貨)で取引をしている場合、1pipsの利益は

「1万通貨×0.01円(1pips)=100円」になります。

1lot(10万通貨)で取引をしている場合、1pipsの利益は

「10万通貨×(0.01円)1pips=1,000円」になります。

初心者さん

本当だ!同じpipsでも、取引量によって利益が変わるんですね!

ぶた博士

そういうことです。取引をする前に1lotの通貨量を調べて、何pipsでいくらの損益が出るのか計算することは資産を守る上で超重要になります。

基本的には日本口座が1lot=1万通貨海外口座は1lot=10万通貨となっています。取引する前に口座のロット数を知らないとケガします。

自分の資産にみあったトレードを心がけることが大切!こちらの記事で適切なロット数について解説してます▶ロットの計算には必要証拠金が大事です。

【問題】自分が何pipsとれたのか計算してみよう!

エントリーして決済するまで、何pipsとったのか、あるいは負けたのか計算する方法は単純です。

pipsの計算方法

pipsが動いた幅=(決済したレート)ー(エントリーしたレート)

ぶた博士

引き算するだけです!

<例題①>米ドル円
109.366 (sell:売り)→ 109.266(決済)のとき

109.266ー109.366=0.1円=ー10pips負け

<例題②>米ドル円
109.366(buy:買い)→109.416(決済)のとき

109.416−109.366=0.05円=5pips勝ち

<例題③>ユーロドル
1.11974(sell:売り)→1.11961(決済)のとき

ユーロドルは「0.0001=0.01=1pips」なので、

1.11961ー1.11974=-0.00013ドルは0.0013ドル=-1.3pips負け

初心者さん

単位を「pips」じゃなくて「円」にしないと実際にいくら儲かったのかわかりにくいです。

ぶた博士

そうですね!では次に単位をpipsから円に直す損益の計算方法を教えますね。

【問題】獲得したpipsから実際の損益を計算してみよう!

pips計算のつぎは「損益計算」をして、いくら儲かったのか確認しましょう!

実際のトレードで1pipsがいくらになるかは

  • 通貨ペア
  • 〇〇通貨(Lot・枚)

によって変わります。

クロス円の損益の計算方法

損益金額=pips(レートが動いた差)×1Lot(10万通貨単位のとき)×100

ドルストレートの損益の計算方法

損益金額=pips(レートが動いた差)×1Lot(10万通貨単位のとき)×100×その時のドル円のレート

※ユーロドルなどはドル円を絡んでいないので、損益を円で換算する時は、その時のドル円のレートをかけなければなりません

ぶた博士

では、さきほどの「pips計算」を使いながら損益まで計算してみましょう。

<例題①>ドル円
10万通貨で取引し、109.366 (sell:売り)→ 109.266(決済)のとき

まず、pips計算をして109.266ー109.366=0.1円=ー10pips

ー10pips ×10(万通貨) ×100=ー10000円

<例題②>ドル円
10万通貨で取引し、109.366(buy:買い)→109.416(決済)のとき

まず、pips計算をして、109.416−109.366=0.05円=5pips

5pips×10(万通貨)×100=5000円

<例題③>ユーロドル
10万通貨で取引をし、ドル円のレートが103.04、1.11974(sell:売り)→1.11961(決済)のとき

1.11961ー1.11974=-0.00013ドル

ユーロドルは「0.0001=1pips」なので、

0.0013ドル=-1.3pips

-1.3×10(万通貨)×103.04(ドル円)=-1339.52円

ドルストレートの通貨は損益計算をするときに、ドル円のレートを掛けるので、ドル円の相場次第で損益金額が上下することがあります。

つまり、ドル円の相場の動きが激しい時は日本円換算の損益金額も連動して激しく動くので注意。

これであなたもpipsマスター!| まとめ

pipsのまとめ
  • 為替レートが変動するときの最小単位
  • 1pipsはクロス円で小数点第2位、ドルストレートで小数点第4位
  • 同じpipsでも、取引量によって利益が変わる
  • pipsの計算=(決済したレート)ー(エントリーしたレート)
  • クロス円の損益金額=pips(レートが動いた差)×枚数(1万通貨単位のとき)×100←ドルストレートの損益を円で換算する時は、その時のドル円のレートをかけなければいけない。
ぶた博士

pipsの計算は、一度身につけてしまえば簡単に計算できるようになります。

pipsを完全に理解できなくても、はじめは最小の通貨単位からでもいいので、実際にトレードをしてみましょう!

ちなみに、無料のデモトレードアプリ「FXなび」というアプリもあります。このアプリでどれくらいのpipsの動きで損益がどう変化するかを確認し、少しずつ慣れていくことをオススメします無料のFXのデモトレードアプリを検証してみた!

では、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる