MENU
mitsuko
travel trader
旅とブタが好きな看護師。旅の資金はFXで稼いでます。
【 FX練習用 】 無料デモトレードアプリはこちら

【金融機関の無料相談のワナ】損をしないために。

URLをコピーする
URLをコピーしました!

実はお得な気がしてしまう金融機関の無料相談ってありますよね?

初心者さん

投資って複雑じゃないですか。分かりづらいから無料だし相談しようかな?って思ってるんです。

と思ったそこのあなた。

ぶた博士

ちょっと待ってください!それ、実はお得ではないんですよ。

目次

金融機関の無料相談は利用しなくてもいい理由

金融機関の無料相談はうかつに手を出すと損をしてしまう可能性があります。

初心者さん

無料なのに損をする?どういうことですか!?

無料相談で人気なモノに、保険を見直してくれるサービスがありますよね。

確かに保険に無知な人が無料で、しかもお任せで保険プランを考えてくれるのは手間がかからなくていいと思うかもしれません。

しかし実は、保険のお店が販売した保険会社から仲介手数料をもらっています。

つまり、相談員にインセンティブが入ることがあり、お客側ではなく、販売員にとって一番いい商品を提示されていることもあるんです。

客側にとって割高になってしまうことも十分にあるという事です。注意しましょう。

一番相談してはいけない相手は銀行!?

銀行が販売している商品は主に

  • 投資信託
  • 保険

この2つです。

この2つは手数料が大きかったり、販売する銀行にとって収益性が高い商品のことが多いのです。

つまり、必ずしもお客さんの将来の資産形成を考えて勧めてくれているわけではないのです。

また、販売手数料というものがあります。

これは投資信託を購入する金額の中に含まれていますが、お客さんからすると支払っている感覚があまりなく、気がつかないうちに無駄の支払いをしている可能性があり、もったいないことをしてしまっているのです。

まとめ:金融機関の無料相談にはワナがある

他にも営業の説明を聞いても手数料が発生しています。なんとも知らないと損をしてしまうことが多いのです。

ぶた博士

手数料をたくさんとられる可能性があるので注意してください!

何も知らないから無料相談に行くという気持ちはわかりますが、もし相談するとしたら、ある程度自分で勉強をして、相談をするといった方が損をしないですむかもしれません。

銀行ではカモにならないように気をつけてくださいね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる